サッカーが大層愛されていらっしゃることはよく知られています。

スポーツは、具体的には、サッカーは教養類事由のありとあらゆる個々のお客様を結集するうまいパワーを持っています、そして、これは私の大好きな大陸、中南米よりも真実です。

ラテンアメリカではサッカーが結構愛されていらっしゃることは思い切り知られています。ブラジルのリーダー組は世界でとりわけ偉大な組の1つであり、FCバルセロナのリオネル・メッシはアルゼンチン生まれで、今では有名なディエゴ・マラドーナもそうです。サッカーはラテンアメリカで有名で、ラテンアメリカはサッカーにとって普通だと思われます。

ラテンアメリカからの皆は、その地方の組のひとつをサポートしているようです。あなたがあんまりスポーツに関心を持たないことを期待している人も、サッカーの中でも更に好きな組が多いです。ナショナル組がプレーすること、ナショナリズムは残る。最近のワールドカップ予選では、生徒や使用人が娯楽を見学するためにゼミナールやユニバーシティの講習が撤回されました。争い中にコロンビアの通りに出て、あなたは奴らが捨てられていらっしゃることがわかります。当然、何が起きているのかを解るために娯楽を見分ける必要はありません。ゴールがまとまるたびに、道の数値台の車に乗っている乗員が角笛を鳴らし、世間のアパートで地元の警官が警報を発し、周辺の泥棒の隣人に警報します。サッカーの熱意にはラテン系のお客様が画像を制作してある。アルゼンチンでは最近のアニメーション画像「メテゴール」がミニチュア編の客席サッカーであり、世界的なものになりつつあります。http://www.practical-fx.jp/

サッカーが大層愛されていらっしゃることはよく知られています。